Nexus6 自分でバッテリー 交換しました。。

Nexus6 自分でバッテリー 交換しました。。

いろいろカスタムROMをINSTALLを試しては遊んでいる NEXUS6ですが、
ここ最近バッテリ残量が、40%で電源が落ちたりゲームなど起動したタイミングで
80%で電源が落ちるなどの減少が発生していました。
また落ちる現象がでるまじかになると、スピーカからノイズ音なども
発生していました。
完全放電や、バッテリキャリブレーションなどしても改善は見られず、
保障なども入ってないので、高額修理をさけたく、我慢して使用していましたが、
アメリカのamazonで、バッテリが安く売っていたので、自分で交換してみることにしました。

今回用意していた工具の精度が悪く、中のシェルのビスを外すことができなかったため、
一部破壊しながら、バッテリにアクセスできるようにし、バッテリは柔らかい素材のため、
少し変形させての取り外しと取り付けです。
ちゃんとした工具なら、しっかり中の蓋も外すことをお勧めします笑
NEXUS6のバッテリはEZ30という型式です。
DSC_2385.JPG
<手順>
外側カバーの取り外し、 両面テープで張り付けてあるだけでした。
ピックを差し込んで隙間をつくったら、バリバリはがします。
ドライヤーで温めてから作業すると、はがしやすいと思います。
DSC_2386.JPG
DSC_2387.JPG
ピンクの○の部分がコネクタで切り離しできる部分です。
工具の精度が悪くトルクスのビスを外すことができなかったため、
中のシェルの一部をめくって切り離し。
バッテリが見える状態にして、バッテリを少し変形させながら取り外し、
左右の溝にバッテリがはまる感じのため、真ん中を山折のような感じで少し
形をつくりました。
古いバッテリから、Qi充電用のコイルを移植して、新しいバッテリをはめ込みます。
DSC_2388.JPG
切り離した、中のシェルを薄い両面でもとの位置に。
コネクタ3か所接続。
2か所はコネクタの上に、ゴムのキャップをはめます。
DSC_2389.JPG
外カバーの取り付け、外した時と同じようにドライヤーでテープを温めてから
はちつけると、つきやすいです。
DSC_2390.JPG
交換した直後に電源いれたら、35%でしたが、この状態でスピーカのノイズは発生してませんでした。
とりあえず、問題なく起動してよかった!!
DSC_2391.JPG
※交換される方は、ちゃんとした工具を用意することをお勧めします!!

 

CANON PIXUS MP480 WINDOWS10 ドライバー

CANON PIXUS MP480 WINDOWS10 ドライバー

このサーバがダウンしたまましばらく放置してたので、

ほんとに久しぶりの更新です。

WINDOWS10にアップグレードしてから、

年賀状をプリントしようとしたら、プリンタ使えず。。。。

CANON PIXUS MP480 のドライバー(Windows8まで対応と表記)を落として、再度インストールしても、

プリンタとして認識してくれませんでした。

–対応策–

ドライバ md86-win-mp480-1_02-ej.exe のプロパティを開いて、

互換性のTABを開き、 [互換モードでこのプログラムを実行する] にチェック

チェックをしてから、ドライバーのINSTALLをしたころ、無事使用できるようになりました。。

Win7gokan.JPG

TT250R Raid シートの張り替え

TT250R Raid シートの張り替え

久々の更新。
RAIDのシートが記事の境目から敗れてしまいました。
養生テープはってたんですが、みすぼらしいので、
意を決して張替えに挑戦。
純正シートではなく、サンゲツの椅子生地を使用しました。
1m買いましたが、余裕で2回分ありますね。

シート破れ
12 - 1.jpg
シートを取り外し、裏側をみると、タッカーで止まっているだけですので、
マイナスドライバでこじって、ラジペンで引き抜いていきます。
12 - 2.jpg
シートベースと、手前は生地のロール巻
12 - 3.jpg
生地を張るのに使うのは、ダ◯ソー の工作用ホチキス というか タッカー
元から針もついてますが、予備で追加購入
12 - 4.jpg
ドライヤーで温めてシワを伸ばしながらタッカー打ち込み。
今回一枚張りなんで、前のタンクの部分の反り上がりのところで苦戦しながらも、
なんとか完成
12 - 5.jpg
初めてにしては、満足の行く出来栄えでした。
12 - 6.jpg

GW真空管AMP合宿成果物 2014

GW真空管AMP合宿成果物 2014

俺氏作 2作目
6EZ5 超三結PP
6EZ5超3結PP.png
H氏 初製作
6DQ6 CSPP
見た感じ、似ていますが、全体の大きさは自分のより二回りくらい大きいです。
初の製作だったので、半田付け苦戦してましたが、いい音でていました。
6DQ6CSPP.png

通勤 ピストのホイール交換

通勤 ピストのホイール交換

2014-05-22 14.42.43.png
通勤に使用している自転車。
いままでチューブラータイヤを使用していましたが、
わりとすぐにパンクします、パンクする度にタイヤ交換と
コストパフォマンス悪すぎなので、クリンチャーのホイールに交換しました。
ついでにフラットハンドル 460mm から両端50mmm カット 360mmで様子見。
しばらくはこれで乗ってみよう。。

 

GW恒例 真空管AMP合宿 2014 6EZ5 超三結PP AMP作成 2日目

GW恒例 真空管AMP合宿 2014 6EZ5 超三結PP AMP作成 2日目

 

1日目でほぼパーツは載せましたので、二日目は半田 半田 半田!!
回路
IMG_20140503_215045.327.png
IMG_20140503_215030.851.png
さー配線 昨日より、少し早めの12時くらいに開始
2014-05-04 16.24.22.png
黙々と作業してここまでつないですでに18時
2014-05-04 17.57.34.png
やっとここまで 22時半
2014-05-04 22.32.34.png
真空管装着!!
いい感じです。
2014-05-04 22.37.00.png
0時を回ってしまいましたが、とりあえず音が出るところまで確認できました。
ハムノイズが少しあるので、もう少し追い込みが必要、
また時間を改めて、チャレンジしたいと思います。
N師匠 今年も二日間お世話になりました。!!!
オマケ
今年一緒に作業のYH氏、初めての真空管AMP作成でCSPPに調整
回路複雑で大変そう・・
2014-05-04 12.03.53.png

GW恒例 真空管AMP合宿 2014 6EZ5 超三結PP AMP作成 1日目

GW恒例 真空管AMP合宿 2014 6EZ5 超三結PP AMP作成 1日目

毎年恒例となりつつある、真空管AMPの合宿
昨年 10JA5のCSPPを完成させて満足の行くAMPができましたので、
今年は新しく作ることになりました。
今回の材料
2014-05-03 13.34.49.png
まずは箱の加工
2014-05-03 16.01.25.png
箱のサイドに木材を取り付けました。
だいぶ雰囲気がかわります。
2014-05-03 18.55.47.png
箱の加工がお終わり、とりあえずパーツ載せたところ。
2014-05-03 21.10.44.png
2014-05-03 21.10.54.png
2014-05-03 21.39.52.png
1日目はここで終了!
13時から初めて、21時過ぎまでかかりました。

 

XPERIA ACRO (SO-02C)をAndroid4.42(CM11)にする。

XPERIA ACRO (SO-02C)をAndroid4.42(CM11)にする。

4.42.png

ACROに ULTIMATE HD 4.0RC1 をイントールしてしばらくつかっていまたが、
今回4.42をいれてみたので、メモ。

入れてみて思ったことは、結構さくさく動くし4.0より軽い気がします。

必要な物のリスト

  1. bootloader unlockなACRO SO-02C
  2. LegacyXperia ProjectのDowlload→anzu→cm-11.0→nightliesの一番新しい物 今回はcm-11.0-20140319-NIGHTLY-LegacyXperia-anzu.zipを使用
  3.    

  4. gapps 同じサイト のDowload→gapps→cm-11.0 のgapps-kk-20131119-lite.zipを使用。

手順

  1. cm-11.0-20140319-NIGHTLY-LegacyXperia-anzu.zipの中から boot.img解凍して、pcのfastbootコマンドがあるとこにおく
  2.     

  3. cm-11.0-20140319-NIGHTLY-LegacyXperia-anzu.zipとgapps-kk-20131119-lite.zipをACROのSDカードに保存
  4. ACROの電源OFFの状態から一番右のボタン(メニュー)をおしながら、USB接続し 青ランプが点灯すること確認する。青く点灯していれば、fastboot modeになってます。
  5. コマンドプロンプでfastbootコマンドあるディレクトリまで移動してfastboot flash boot boot.imgとしてフラッシュ
  6. ACROを起動時にVol - ボタンを連打してCWMの起動、wipeは一応すべてしておく。自分の場合は一回目の起動の時にE:Can’t open /cache/recover/log など エラーがでてましたが、CWMは使えました。
  7. install zipからcm-11.0-20140319-NIGHTLY-LegacyXperia-anzu.zipをinstall 
  8. 続けてgapps-kk-20131119-lite.zipをinstall
  9.     

  10. wipe
  11.     

  12. 起動して初期セットアップが始まります。終

初回起動画面
2014-04-19 23.21.10.jpg

2014-04-19 23.29.02.jpg

2014-04-19 23.29.38.jpg

2014-04-19 23.29.49.jpg

設定画面→端末情報
2014-04-19 23.33.51.jpg

andoroid versionを連打すると、Kのマーク ※ここからスクリーンショットです。 取り方はVol-と電源ボタン同時押し
Screenshot_2014-04-20-01-51-06.png

マークをくるくる回転させると、kitkatの画面になります。
Screenshot_2014-04-20-01-51-14.png

その他
ACROは内部ストレージが少ないので、Link2SDを入れて対策しています。
結構アプリをいれたあとなのですが、内部ストレージは240MB以上開いているので、余裕があります。
Screenshot_2014-04-20-00-09-46.png

XPERIA ACRO SO-02C Android 4.42 kitkat Docomo CM11 cyanogenmod Legacy