SG5 フォレスター エンジン チェックランプ点灯 修理① 準備

SG5 フォレスター クロススポーツ

99000Kmを超えたあたりから、常時チェックランプが点灯する様になりました。

ダイアグコードをリセットしても、エンジン暖気後 2000回転くらいまで

回すと再度点灯。

 

運転席したのリードメモリコネクタ(黒いコネクタ)ろ繋いで

ダイアグコードをチェックしたところ、

長12回 短8回の点滅でした。 ※調べてもよく解りませんでした。(´;ω;`)

2000回転以上で チェックランプが点灯すことから

O2センサー AFセンサー 系の故障と推測して、 ネットだとAFセンサーの

故障が多そうだったので、まずはAFセンサーを購入しました。

 

準備したもの

◯AFセンサー 部品番号 22641-AA042

◯フレックスハンドル付き 一体型O2センサーソケットレンチ22mm

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です