CANON PIXUS MP480 WINDOWS10 ドライバー

CANON PIXUS MP480 WINDOWS10 ドライバー

このサーバがダウンしたまましばらく放置してたので、

ほんとに久しぶりの更新です。

WINDOWS10にアップグレードしてから、

年賀状をプリントしようとしたら、プリンタ使えず。。。。

CANON PIXUS MP480 のドライバー(Windows8まで対応と表記)を落として、再度インストールしても、

プリンタとして認識してくれませんでした。

–対応策–

ドライバ md86-win-mp480-1_02-ej.exe のプロパティを開いて、

互換性のTABを開き、 [互換モードでこのプログラムを実行する] にチェック

チェックをしてから、ドライバーのINSTALLをしたころ、無事使用できるようになりました。。

Win7gokan.JPG

XBOX360 で 地デジ録画したTSファイルを再生する。

【送料無料】Xbox360 4GB + Kinect

【送料無料】Xbox360 4GB + Kinect
価格:28,607円(税込、送料別)

先日の LINUX CENTOS HDUSで録画したTSファイルを
XBOX360で再生しようと、fuppes、 mediatombなど試しましたが、
どれもうまくいかず。。
とりあえず、WIN7 のmedia center 経由で再生できるようにしました。
【手順】
※LINUX側の事前の準備は地デジ録画のデータフォルダをsambaで
共有設定をしておく。
①XBOXのダッシュボードから、media centerに入ると、
セットアップの手続きがはじまります。
8桁の数字が表示されるので、メモ。
②PC側でmedia center 開き、タスク⇒Extender の追加
③メモした8桁の数字を入力してセットアップを完了
④media center ⇒ ビデオライブラリ⇒共有
右クリックから、ライブラリの管理を開き、ライブラリにフォルダーを追加選択
⑤別のコンピュータ上を選ぶと、LINUX PCがみえるので先にすすむ、
  sambaの共有フォルダをライブラリに登録。
以上の設定で、XBOX360のmedia centerから、
生TSファイルも見えるようになり、再生も普通にできました。
早送りなどはできませんでした。。
それにしても、media centerなかなかやりよる・・・・

LINUX MINT10 に Netbeans7.0 INSTALL 文字化け対策

MINT10 2.6.35-22-generic
Netbeans7.0をDLして、コマンドラインで以下のファイルを実行すると、
インストールウィザードがたちあがってくるのですが、
日本語の部分が□□□□□□となって、すべて文字化けしてしまっている状態でした。
netbeans-7.0-ml-php-linux.sh
以下の作業(リンクをはるだけ)で、無事に日本語表示OKと
なったので、メモ。
前にtuigwaaのグラフで日本語が表示しないときと
ほぼおなじ内容です。
http://www.tsk-server.com/2008/09/tuigwaa.php
まず
/usr/lib/jvm/java-6-sun-1.6.0.20/jre/lib/fonts の下に
fallbackというディレクトリを作成します。
次fallbackに移動してリンクをはります。
ln -s /var/lib/defoma/x-ttcidfont-conf.d/dirs/TrueType/*ttf ./
張ったリンク↓
fallback # ls
DroidSans-Bold.ttf DroidSansJapanese.ttf DroidSerif-BoldItalic.ttf
DroidSans.ttf DroidSansMono.ttf DroidSerif-Italic.ttf
DroidSansFallback.ttf DroidSerif-Bold.ttf DroidSerif-Regular.ttf
 
以上で作業終了。
再度 
netbeans-7.0-ml-php-linux.sh で日本語表示 OKと
なりました。
 

davical centos5.5 メモ

[root@aca8f537 html]# cd /usr/local/src/davcal/
[root@aca8f537 davcal]# ls -l
合計 424
-rw-r–r– 1 root root 316469 12月 29 10:15 davical-0.9.9.4-2.noarch.rpm
-rw-r–r– 1 root root 102593 12月 29 10:14 libawl-php-0.46-2.noarch.rpm
[root@aca8f537 davcal]# rpm -ivh libawl-php-0.46-2.noarch.rpm
準備中… ########################################### [100%]
1:libawl-php ########################################### [100%]
[root@aca8f537 davcal]# rpm -ivh davical-0.9.9.4-2.noarch.rpm
エラー: 依存性の欠如:
perl(YAML) は davical-0.9.9.4-2.noarch に必要とされています
rpm -Uhv http://apt.sw.be/redhat/el5/en/i386/rpmforge/RPMS/rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
[root@aca8f537 davcal]# yum search YAML
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* addons: mirror.nus.edu.sg
* base: ftp.riken.jp
* extras: mirror.nus.edu.sg
* rpmforge: fr2.rpmfind.net
* updates: ftp.riken.jp
extras | 2.1 kB 00:00
rpmforge | 1.1 kB 00:00
rpmforge/primary | 2.2 MB 00:03
rpmforge 10369/10369
updates | 1.9 kB 00:00
===================================== Matched: YAML ======================================
flvtool2.noarch : Manipulation tool for Macromedia Flash Video (FLV) files
libyaml.i386 : Implementation of a YAML 1.1 parser and emitter
libyaml-devel.i386 : Header files, libraries and development documentation for libyaml.
perl-Data-Phrasebook-Loader-YAML.noarch : Absract your phrases with YAML
perl-Template-Plugin-YAML.noarch : Plugin interface to YAML
perl-UNIVERSAL-to_yaml.noarch : Perl module that implements a to_yaml() method for all
: objects
perl-YAML.noarch : Machine parseable data serialization format
perl-YAML-Active.noarch : Combine data and logic in YAML
perl-YAML-AppConfig.noarch : Perl module to manage configuration files with YAML and
: variable reference
perl-YAML-ConfigFile.noarch : Read configuration files in YAML format
perl-YAML-LibYAML.i386 : Perl module that implements YAML using XS and libyaml
perl-YAML-LoadFileCached.noarch : Caching capabilities for YAML::LoadFile
perl-YAML-MLDBM.noarch : Use tied hash databases with Python and Ruby
perl-YAML-Parser-Syck.i386 : Wrapper for the YAML Parser Extension: libsyck
perl-YAML-Syck.i386 : Fast YAML loader and dumper
perl-YAML-Tests.noarch : Common Test Suite for Perl YAML Implementations
perl-YAML-Tiny.noarch : Read/Write YAML files with as little code as possible
perl-YAML-Yaml2Html.noarch : Perl module to build an HTML page from a YAML-based document
perl-YAML-YuyuPress.noarch : Perl module that implements a tool for making presentations
: out of YAML files
php-syck.i386 : YAML module for php
python-syck.i386 : YAML module for python
python-yaml.noarch : Python package implementing YAML parser and emitter
syck.i386 : Extension for reading and writing YAML
syck-devel.i386 : Extension for reading and writing YAML
[root@aca8f537 davcal]#
[root@aca8f537 davcal]#
[root@aca8f537 davcal]# yum install perl-YAML.noarch
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* addons: mirror.nus.edu.sg
* base: ftp.riken.jp
* extras: mirror.nus.edu.sg
* rpmforge: fr2.rpmfind.net
* updates: ftp.riken.jp
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
–> Running transaction check
—> Package perl-YAML.noarch 0:0.71-1.el5.rf set to be updated
–> Finished Dependency Resolution
Dependencies Resolved
==========================================================================================
Package Arch Version Repository Size
==========================================================================================
Installing:
perl-YAML noarch 0.71-1.el5.rf rpmforge 84 k
Transaction Summary
==========================================================================================
Install 1 Package(s)
Upgrade 0 Package(s)
Total download size: 84 k
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
perl-YAML-0.71-1.el5.rf.noarch.rpm | 84 kB 00:01
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Finished Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Installing : perl-YAML 1/1
Installed:
perl-YAML.noarch 0:0.71-1.el5.rf
Complete!
ここまでやると
rpm -ivh davical-0.9.9.4-2.noarch.rpm でOK

GUAM 旅行まとめその1

GUAM 旅行まとめその1

11月7日から13日まで GUAMへいってきました。DVC00721.JPG

ホテルはPICです。近年は韓国のドラマでつかれていることもあり、

韓国の方たちが大勢いました。

ついてそうそう 31階の部屋から、虹をみることができました。

DVC00723.JPG

初日は到着したらもう夕方なので、PICの目の前のジャマイカングリルで食事ヘ(゜∀゜ヘ)アヒャ

DVC00726.JPG

2日は1日買い物DAY お土産探しに出発です。

GUAMでは無料のBUSが走っているので、まえは使っていたのですが、

待つのに時間がかかったりして無駄なので今回は6日間 レンタカーをかりることに。

DVC00727.JPG

JEEPかりましたー。一日88$くらいだったかな(・∀・)

まずはマイクロネシアモールです

プレデターがいましたw

DVC00728.JPG

このモールでのお目当ては、ヴィクトリアシークレットの価格調査

モール内で一番安いところで、15$っす。任務完了(`・ω・´)

だがしかし、あまり知られていないかもしれないけど、このモールの目の前の道を

そのまままっすぐいくと DEDEDO MAL(デデドモール)なる LOCALなモールがあります。

ここだとなんと10$でうってますw こんなに近いのに5$の差は大きいです。

ビクトリアシークレットはここで購入しました。いい買い物でけた。

夕飯はローンスターで肉くいました。

 とりあえずここまで

CIMG1611.JPG


MT3.3 PHP化済みを4.1にUGしたらでアーカイブが表示されない

3.3の頃から、PHP化していたが、
4.1にしたら、アーカイブのページが見れなくなってしまった。
ファイル自体は作成されているのに、ページアクセスすると、
真っ白な状態。

対処:管理画面→テンプレートモジュール→ヘッダーの一行目
<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?>
以下のように修正して 正常に表示されるようになりました。
<?php
echo ‘<‘;
echo ‘?’;
echo ‘xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″‘;
echo ‘?’;
echo ‘>’;
?>

MT(3.3)をmoblog対応にする。 moblog.uva.ne.jp 使用

1. Movable Typeで新しいアカウントを作成する。
  必要な権限を与える
  投稿、ファイルのアップロード、再構築にチェック
  一度作ったアカウントでログインしなおし、
  ログイン名をクリック、一番したのWebサービスパスワードを設定する。
2. 「moblog.uva.ne.jp」へアクセスし、右上の「Create new account」をクリック。
3. 「email」 には、PC or 携帯のアドレスを入力。
4. 「moblog url」にblogのURLうを入力。
   例:「http://www.hoge.com/blog_name/」。
5. 「username」「password」には、1.で新規作成したものを入力。
6. 「Next」
 7. 「Next」
8. 表示されるemailアドレスのどちらかを選択する。
9. 「category」には、投稿するカテゴリを選択。カテゴリを指定するなら、事前に作成しておく必要がある。
10. 「image archive-path」はデフォルトのまま「images」で良い。
11. 「template」「image template」には何も入力しなくても、デフォルト値が入力される。が、デフォルトのテンプレートでは改行が
タグに変換されないので、「template」を「%(caption)s\n%(imagecontent)s」とすると、変換されるようになる。
12. 「Publish」は、直接本投稿するなら「Publish」、下書きとして登録しておき、後ほどPCで編集する場合Draftを選択。
13. 「Public?」は、投稿した際に「moblog.uva.ne.jp」トップページで表示させたいなら「Yes」、表示させたくないなら「No」を選択する。
14. 「save」ボタン押下で、登録完了
15. 登録完了画面に表示、メールアドレスにメールを送れば、記事が投稿される。

web アプリリケーション 簡単作成 DB連携 tuigwaa 

wikiのような記法で、データベースと連携させたアプリケーションを簡単につくることが
できるそうです。すごいなtuigwaa!!
OFFICIALサイトでは以下の環境で開発、動作確認を行っているそうですが、
うちはLINUX サーバなので、vine4.0にいれてみます。
WindowsXP Professional Edition SP2
Java 2 Platform, Standard Edition 1.4.2_09 (SDK が推奨、以下 J2SDK)
Tomcat 5.0.28
1.jdkのインストール
http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html
#chmod 755 jdk-6u2-linux-i586.bin
# ./jdk-6u2-linux-i586.bin
Sun Microsystems, Inc. Binary Code License Agreement
for the JAVA SE DEVELOPMENT KIT (JDK), VERSION 6


Do you agree to the above license terms? [yes or no]
yes 
少しして、Doneと表示されれれば、OK
次にできたディレクトリを/usr/local/あたりにmvして
javaでシンボリックリンクを作っておくと、ほかのバージョンに切り替えたときにいろいろ便利なので、
作っておく。
# ln -s jdk1.6.0_02/ java
lrwxrwxrwx 1 root root 12 7月25日 00:28 java -> jdk1.6.0_02//
drwxr-xr-x 9 root root 4096 6月15日 10:03 jdk1.6.0_02/
環境変数の設定
#vi /etc/profile で最終行に以下の3行を追加する
export JAVA_HOME=/usr/local/java
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME\
/lib/tools.jar
:wqで保存。
設定を反映させる
# source /etc/profile
以下のコマンドでバージョンが表示されればとりあえずOK。
# java -version
java version “1.6.0_02”
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_02-b05)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 1.6.0_02-b05, mixed mode, sharing)
2.tomcatのインストール
apache-tomcat-5.5.23
/usrlocal/src/あたりにDLしてきたら展開し /usr/local/にmv
JDKと同じようにシンボリックリンクを作るといいかも。
# ln -s apache-tomcat-5.5.23/ tomcat
# ls -l
合計 52
drwxr-xr-x 9 root root 4096 7月25日 00:38 apache-tomcat-5.5.23/
lrwxrwxrwx 1 root root 12 7月25日 00:28 java -> jdk1.6.0_02//
drwxr-xr-x 9 root root 4096 6月15日 10:03 jdk1.6.0_02/
lrwxrwxrwx 1 root root 21 7月25日 00:39 tomcat -> apache-tomcat-5.5.23/
tomcatの起動
# cd /usr/local/tomcat/bin
# ./startup.sh
Using CATALINA_BASE: /usr/local/tomcat
Using CATALINA_HOME: /usr/local/tomcat
Using CATALINA_TMPDIR: /usr/local/tomcat/temp
Using JRE_HOME: /usr/local/java
上記のような表示がでたら、ブラウザでhttp://HOST_IP:8080にアクセス。
こんな↓↓
画面が出たら、立ち上がってます。
tomcat_top.JPG
※DEFAULTではポートは8080で上がりますが、ほかのアプリケーションで使用している場合は
server.xmlを書き換えることで、任意のポートに変更できます。
/usr/local/tomcat/conf/server.xml
#vi server.xml
太字を 使用していない任意のポートに書き換えればよい。
Connector port=”8080” maxHttpHeaderSize=”8192″
maxThreads=”150″ minSpareThreads=”25″ maxSpareThreads=”75″
enableLookups=”false” redirectPort=”8443″ acceptCount=”100″
connectionTimeout=”20000″ disableUploadTimeout=”true” />

3.tuigwaaの設定
tuigwaaのHPよりtuigwaa-1.0.4.zip をDLし、展開する。
展開すろと以下のファイルができます。
# unzip tuigwaa-1.0.4.zip
Archive: tuigwaa-1.0.4.zip
inflating: INSTALL.txt
inflating: jaas.conf
inflating: tuigwaa.war
inflating: tuigwaa.xml
inflating: sample104.tgwar
上記ファイルをそれぞれ以下ように配置
<jaas.conf>
cp jaas.conf /usr/local/tomcat/conf/
<tuigwaa.war>
cp tuigwaa.war /usr/local/tomcat/webapps/
<tuigwaa.xml>
cp tuigwaa.xml /usr/local/apache-tomcat/conf/Catalina/localhost/
catalina.shの追記
いったんtomcatをshutdown.shで落とし。
/usr/local/apache-tomcat/bin/catalina.shの一番上に以下を追記
CATALINA_OPTS=”-Djava.security.auth.login.config=/usr/local/tomcat/conf/jaas.conf”
再度startup.shで立ち上げる。
http://HOST_IP/8080/tuigwaa/にアクセスすると、
「Tuigwaa Security System」表示され、ユーザとpassを聞かれます。
ともに「tuigwaa」と入力すれば、TOP PAGEが表示されます。